福井市×高校生 ワクワク学校事業

最終更新日 2020年9月17日 印刷

概要

学校と家が生活の中心であり、自身を取り巻く環境に目を向ける機会が少ない高校生に、興味・関心のあることを通じて「福井」を再認識し、このまちに暮らすこと、新しい暮らし方を考えるワークショップを開催します。

授業経過はページ下部に記載していますので、ぜひご確認ください!!

授業内容

・自分の理想の暮らしをイメージする
・あなたにとっての「マチ」を言葉にする
・理想の暮らしに足りないもの(個人、地域、社会)を考える

「コノマチクラス」の時間割

コロナウイルス禍の影響により、予定は変更されることがあります。
当面の間、「3密」の状況を避けるため、オンラインでの開催とします。

日程 内容
「前期」 6月28日(日)10時から 第1回

入学式

オリエンテーション

7月5日(日)10時から 第2回 トークセッション

7月26日(日)10時から

第3回

ワークショップ

8月2日(日)10時から

第4回

ワークショップ

「夏休み」

8月上旬から9月中旬
「後期」 9月13日(日)10時から 第1回 ワークショップ
10月4日(日)

第2回

ワークショップ

予定
10月11日(日)

第3回

ワークショップ 予定
11月8日(日)

第4回

ワークショップ 予定
11月23日(日) 第5回 発表会 予定

対象者

福井市在住または、福井市内の高校に通う高校生

応募期間(募集は終了しました)

令和2年6月11日(木)から令和2年6月19日(金)17時まで
※応募者多数の場合は選考となります。予めご了承ください。

募集人数

20名程度

チラシ

ワクワク学校チラシ(PDF形式 8,027キロバイト)

●前期:第1回ワークショップ開催:令和2年6月28日(日) 

ワクワク学校『コノマチクラス』が6月28日に開校となり前期1回目は入学式とオリエンテーションを行いました。
【実施概要】

・自己紹介…スタッフ側4名、学生側16名がそれぞれ抱負含めて自己紹介。

・イントロダクション…ものの見方は人それぞれであることを図を用いて解説

・アイスブレイク…これまでの人生で印象に残っていること、熱中したこと、自慢したいことを自由に発言し参加者の相互理解を深めた。

・ワーク…自宅から通学路までに見える景色、人、建物などを思いつく限り書き出し、その光景について+/-の評価を理由付きで説明。

 (例:田んぼのカエルの声が大きい 評価:+ 理由:季節を感じられるから、など)

 オンライン上とはいえ高校生は緊張している様子で、序盤はコーディネーター側が話を仕掛ける場面が多かったものの、時間が経つにつれ学生自ら発言するようになりました。

 これから、このメンバーたちがコノマチの未来像をどのように描いていくのか、ぜひ引き続きご注目ください!!

 ■第1回の記録(グラフィックレコード)

  グラフィックレコード‗第1回(画像形式(JPG) 113キロバイト)

●前期:第2回ワークショップ開催:令和2年7月5日(日) 

7月5日にワクワク学校『コノマチクラス』の前期2回目の授業が行われました。

【実施概要】

・前回のふりかえり…前回の授業後、これまでの通学路から見える景色に変化はあったかどうか、意識の共有を行った。

・若新雄純氏によるインスピレーショントーク…「ゆるくつくる」をテーマに同氏のこれまでの略歴・思考方法、若者にこれから求められる力等を解説

・質疑応答…インスピレーショントークを受けて、学生たちが感じたことを自由に質問・意見の発表

・ワーク…4人1組に分かれ、生徒同士で今回のインスピレーショントークで感じたことの共有、落とし込みを行った。

 第2回目の授業は話を聞く割合が多かったものの、生徒1人1人が若新氏の話に真剣に聞き入っている様子で、トーク後は気が抜けたのかへとへとになっている生徒が多く見受けられました。

次回の授業は7月26日(日)としばらく間隔が開くこととなりますが、今回のインスピレーショントークを受けて生徒たちの価値観、考え方がどう変わっていくのか、次回の報告もぜひご期待ください。

■第2回の記録(グラフィックレコード)

グラフィックレコード‗第2回(画像形式(JPG) 613キロバイト)

 

●前期:第3回ワークショップ開催:令和2年7月26日(日) 

7月26日にワクワク学校『コノマチクラス』の前期3回目の授業が行われました。

【実施概要】

・前回のふりかえり…若新さんのインスピレーショントークの内容を整理し、疑問点等がないか再度確認。

・ワーク(1)…生徒一人一人が自分の住むマチを紹介する(統計データやイベント情報など)とともに、マチに対してどういった感情を持っているかを発表した。

・ワーク(2)…理想のマチを構成する要素として、「絶対に欲しい」、「あったらいいな」、「別にいらない」の3つに分類し、発表

 今回は生徒自身の考えを表現する場を多く設けました。マチに必要なものとして「大型ショッピングモールが必要だ」と考える生徒がいる一方で、「他県にあるものをわざわざ福井で作っても面白くないよ」という風に、生徒同士の議論が白熱する場面も多々ありました。

 8月2日(日)に前期最終回となる第4回目が開催されます。後半の方向性が決まる大事な回になりますが、大人である私たちがしっかり生徒たちをサポートしていきます!!

■第3回の記録(グラフィックレコード)

 グラフィックレコード‗第3回(画像形式(JPG) 286キロバイト)

●前期:第4回ワークショップ開催:令和2年8月2日(日) 

8月2日(日)にワクワク学校『コノマチクラス』の前期4回目の授業が行われました。

【実施概要】

・前回のふりかえり…前回の授業を踏まえて自分のマチに「絶対に欲しい」、「あったらいいな」、「別にいらない」要素を抽出し、理想のマチについて再度考えた。

・ワーク(1)…振返りで描いた「理想のマチ」を見て、欲しいと思っているけれどないもの、いらないと思っているけれどあるものを書き出した。

(例)欲しいけれどないもの:駅前の賑わい、いらないけれどあるもの:空きビル

・ワーク(2)…ワーク(1)で選んだ要素について、「なぜ?」その状態になっているのか、深掘り

(例)欲しいけれどないもの:駅前の賑わい⇒なぜ?→若者向けの店が少ないから

・ワーク(3)…ワーク(2)で書き出した「なぜ?」について、浮かぶ疑問点の書き出し

(例)欲しいけれどないもの:駅前の賑わい⇒なぜ?→若者向けの店が少ないから→駅前の店の構成はどうなっているのだろう?

・全体発表…(1)~(3)までのワークを行い、グループ内で共有したところで、この夏個々人が取組むアクションプランを発表(詳細はグラレコを確認ください)

 前期最終回の第4回は、ゲストに西行副市長を招き前期の総まとめの授業となりました。アクションプラン発表の場ではこちらから指名せずに自発的に発言しており、生徒たちの成長を感じました。自分が掲げる理想のマチの実現のため、この夏休みに行動する生徒たち。それぞれどういった経験を、また、知識を得て後期の授業の場に現れてくれるのか期待して待ちたいと思います。

■第4回の記録(グラフィックレコード)

グラフィックレコード‗第4回(画像形式(JPEG) 672キロバイト)

 

●後期:第1回ワークショップ開催:令和2年9月13日(日) 

9月13日(日)に、新型コロナウイルス感染症予防を実施したうえで、ワクワク学校『コノマチクラス』の後期第1回目の授業が初の対面形式で開催されました。

【実施概要】

・前期のふりかえり…前期に発表したアクションプランについて、実施状況を確認。「本当に自分がやりたいこと」に基づいたアクションプランになっていたかどうか、再度生徒達で話し合った。

・トークセッション…駅前を拠点として活動している2名のこれまでの人生を語ってもらうことで、「本当に自分がやりたいこと」を実践するとはどういうことかの理解を図った。

ゲストスピーカー(1)牛久保星子氏(株式会社舎家代表取締役、群馬県出身)

ゲストスピーカー(2)佐藤実紀代氏(「HOSIDO」主催、福井市出身)

・ワーク…ふせんを使い、学生たちがやってみたいことを自由に書き、アイデアを出し合った(例:高校生ニュースをやりたい、駅前の通りで高校生主催の祭りをしたい、など)。

・グループ分け…ふせんに書き出した項目を「イベント」、「リサーチ」、「居場所づくり」、「情報発信」に分け、それぞれが興味のある項目を選び、今後の活動のため少人数グループを形成。

 後期1回目は初の対面形式での授業であったため、序盤は緊張している雰囲気も感じられました。ところがふせんを使ったワークで目線の高さが同じであることに気づいてからはさすが高校生、これまでで一番の盛り上がりをみせ、楽しそうにワークに取組んでくれました。

 次回は各グループのテーマに沿った調査活動となります。これまでより細かなフォローを心がけ、高校生たちをサポートしていきます。

 グラフィックレコード‗後期第1回1(画像形式(JPG) 1,652キロバイト)

グラフィックレコード‗後期第1回2(画像形式(JPG) 78キロバイト)

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

未来づくり推進局 移住定住推進室

電話番号 0776-20-5514ファクス番号 0776-20-5733メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館3階
業務時間 平日8:30~17:15