軽自動車税(種別割)

最終更新日 2019年11月25日 印刷

軽自動車税(種別割)は、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車および二輪の小型自動車(これらを軽自動車等といいます。)の所有者に対して課税される税金です。


軽自動車税(種別割)の納税義務者

毎年4月1日(賦課期日)現在、軽自動車等の所有者となっている人です。
ただし、所有権留保がなされている場合(ローンで車両を購入し、自動車会社が所有者となっている時など)は、使用者が納税義務者となります。

軽自動車税(種別割)の課税について
期日 内容 課税状況
4月1日 新規登録 今年度は課税されます
名義変更(譲渡) 新所有者に課税されます
廃車 今年度は課税されません
4月2日以降 新規登録 今年度は課税されません
名義変更(譲渡) 旧所有者に課税されます
廃車 今年度は課税されます

税率

原動機付自転車・小型特殊自動車・二輪車等

車     種

税率(年額)

原動機付自転車

総排気量0.05L(50cc)以下

または定格出力0.6kw以下

2,000円

総排気量0.05L(50cc)超0.09L(90cc)以下

または定格出力0.6kw超0.8kw以下

2,000円

総排気量0.09L(90cc)超0.125L(125cc)以下

または定格出力0.8kw超

2,400円

ミニカー(※)

3,700円

小型特殊自動車

農耕作業用(トラクターなど)

2,000円

その他(フォークリフトなど)

5,900円

2輪の軽自動車

総排気量0.125L(125cc)超0.25L(250cc)以下

3,600円

2輪の小型自動車

総排気量0.25L(250cc)超

6,000円

被けん引車

3,600円

※ミニカーとは、三輪以上で総排気量が20ccを超え50cc以下のもののうち、車輪間の距離が50cmを超えるものまたは車室を備えるものををいいます。ただし、車室の側面が構造上開放されていて、かつ車輪間の距離が50cm以下の三輪(屋根付三輪)は除かれます。 

三輪及び四輪の軽自動車の税率

(ア)、(イ)、(ウ)のいずれかの税率で課税されます。

(ア)平成27年3月以前に最初の新規検査を受けた車両

(イ)平成27年4月以降に最初の新規検査を受けた車両

(ウ)最初の新規検査から13年を経過した車両

車  種

税率(年額)

(ア)

(イ)

(ウ)

重課税率(※2)

標準税率

軽課税率(※1)

 75%軽減

 50%軽減

 25%軽減

軽自動車

三 輪

3,100円

3,900円

1,000円

2,000円

3,000円

4,600円

乗用

営業用

5,500円

 6,900円

1,800円

3,500円

5,200円

8,200円

自家用

7,200円

10,800円

2,700円

5,400円

8,100円

12,900円

貨物

営業用

3,000円

3,800円

1,000円

1,900円

2,900円

4,500円

自家用

4,000円

5,000円

1,300円

2,500円

3,800円

 6,000円

(※1)軽課税率の対象車両は、自動車検査証の「備考」の欄で確認できます。
(※2)電気軽自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車、ガソリンハイブリット軽自動車及び被けん引車は除きます。

三輪・四輪の軽自動車のグリーン化特例(軽課)について

適用期間中に最初の新規検査を受けた車両(三輪以上の軽自動車)で、環境性能が優れたものについては、当該年度の翌年度分に限り軽自動車税(種別割)が軽減されます。

適用期間:平成31年(2019)年4月1日~令和3(2021)年3月31日
→詳しくは、軽自動車税(種別割)のグリーン化特例(PDF形式 143キロバイト)をご覧ください。

三輪・四輪の軽自動車の重課について

最初の新規検査から13年を経過した三輪及び四輪車等については、重課税率が適用されます。 重課税率の適用年度については、重課税率開始年度早見表(PDF形式 33キロバイト)をご覧ください。

  1. 最初の新規検査(初度検査)とは、今までに車両番号の指定を受けたことのない軽自動車を、新たに使用しようとするときに受ける検査です。検査年月は、自動車検査証に記載してあります。
  2. 初度検査が平成15年10月14日以前の車両の場合、検査年のみの記載で、検査月が記載されていません。その場合は、その年の12月を検査年月とします。

 

軽自動車等の登録、廃車に係る手続

軽自動車等の手続・お問い合わせ窓口

軽自動車等の登録などの手続・お問い合わせ窓口は、以下の表のとおりです。

軽自動車等の手続窓口・お問い合わせ
車種 手続についての窓口・お問い合わせ

原動機付自転車(125cc以下)
小型特殊自動車(農耕作業車も含む)

〔窓口〕
下の表「福井市役所での手続に必要なもの」の窓口の欄をご確認ください。

〔お問い合わせ〕
福井市役所 市民税課
福井市大手3丁目10番1号
電話番号:0776-20-5306

軽自動車(三・四輪)

〔窓口・お問い合わせ〕
軽自動車検査協会 福井事務所
福井市浅水町138-11-3
電話番号:050-3816-1774

二輪の軽自動車(125cc超250cc)
二輪の小型自動車(250cc超)
〔窓口・お問い合わせ〕

中部運輸局福井運輸支局
福井市西谷1丁目1402
電話番号:050-5540-2057

※音声案内につながった後「037」を押してください。
オペレーターが対応します。

福井市役所での手続に必要なものは以下の表のとおりとなります。

福井市役所での手続に必要なもの

※1販売報告書、
譲渡証明書
又は廃車証明書

自動車損害
賠償責任
保険証明書
ナンバー
プレート
所有者印 旧所有者印 弁償金
200円
窓口
登録 原付・
小型特殊
市民課
総合支所
農耕車
名義変更
(廃車証明書を除く)
市民課
市民税課
総合支所
廃車 ナンバー有り 市民課
市民税課
総合支所
ナンバー紛失
市外ナンバー
再交付 過失なし 市民課
総合支所
故意・過失
標識交付証明 ※2
市民税課
廃車証明(再交付) ※2
市民税課

※1 申告書の「販売・譲渡証明書」欄に記載されている場合は必要なし
※2 代理人が来庁する場合は、委任状又は代理人の印鑑も必要

原動機付自転車・小型特殊自動車等の申告書(登録、名義変更、廃車)ダウンロードページ

軽自動車税(種別割)の税止め手続について

軽自動車税(種別割)の税止め手続きについて

軽自動車税(種別割)減免申請について

軽自動車税(種別割)の減免申請について

軽自動車税(種別割)に関するお問い合わせは、福井市役所市民税課までお願いします

市税のあらましトップページ
市民税課トップページ

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

財政部 市民税課

電話番号 0776-20-5306ファクス番号 0776-20-5748メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館2階
業務時間 平日8:30~17:15