福井市建設CALS/EC

最終更新日 2017年2月27日 印刷

電子納品 | 電子調達 | 情報共有 

建設CALS/ECの記事一覧へ

「建設CALS/EC」の記事一覧はこちら

電子納品

電子納品について詳しくはこちら

電子納品とは、調査・設計・工事などの各業務段階の最終成果を電子成果品として納品することです。
電子納品を実施することにより、以下の利点がもたらされます。

  • 電子化することにより紙使用量が減少する。(省資源化)
  • 納品形態がCD-Rとなり保存スペースが小さくなる。(省スペース化)
  • 電子成果品をデータベース化することで検索時間が短縮される。
  • 電子化されたデータを共有することで、伝達・転記ミスが解消され、品質が向上する。
  • 電子データが有効に利活用されることで、公共事業のライフサイクルにおいて、コストが縮減される。

    電子納品について詳しくはこちら

    ページの先頭へ

電子調達

入札情報サービスシステム

入札情報サービスシステム(PPI:Public Works Procurement Information Service)とは、市民や入札者がインターネット上で発注予定情報、発注情報、入札結果等を検索・閲覧できるサービスです。
インターネットを通じて入札情報を知ることができるので、移動のための経費が削減されます。また全ての市民が入札情報を閲覧できるため、その透明性も高まります。

電子入札

電子入札とは、従来紙によってやりとりされていた入札手続を、インターネットを介して電子的に行うものです。
電子入札に参加することにより、請負業者は自社に居ながらにして入札業務を行うことができるため、事務処理の迅速化により経費削減にもつながります。

福井市の入札や契約に関することは「入札の広場」へ

ページの先頭へ

情報共有

情報共有システムについて詳しくはこちら

従来の公共事業では、紙ベースの情報共有がなされてきましたが、公共事業に関する必要な情報を、事業プロセスにおいて関係者間で電子的に情報共有できることを目指しています。
電子的な情報共有が有効に活用された場合、「文書管理の効率化」「情報の一元管理による品質の向上」「移動時間の短縮」「電子納品の効率化」等の効果が期待されています。
現在 福井市では、受発注者間で主に電子メールによる情報共有を実施していますが、より高機能な情報共有システムを試行していきます。

情報共有システムについて詳しくはこちら

ページの先頭へ

関連記事

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

工事・会計管理部 技術管理課

電話番号 0776-20-5172ファクス番号 0776-20-5767メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 別館2階
業務時間 平日8:30~17:15