学生合宿・遠征支援制度

最終更新日 2016年1月5日 印刷

「福井市学生合宿促進補助金」について

  福井市では、福井県外の学生団体が福井市内での宿泊を伴う合宿・遠征を実施する場合、その団体に対して補助金を交付しています。

 交付の対象となる要件等は次のとおりです。是非ご利用ください。

補助対象となる団体

福井県外に所在する高等学校、短期大学又は大学の生徒又は学生で構成する運動系及び文化系の団体を対象とします。

補助対象となる要件

福井市内に宿泊して行う合宿・遠征で、次の要件を満たす場合です。

●旅館業法に規定するホテル、旅館等に宿泊するもの。

●対象となる宿泊施設に連続して宿泊する者の延べ人数が20人以上であるもの。

補助対象外となる場合

●合宿所、スポーツ施設に付随する宿所、バンガロー、ログハウス、キャンプ場、その他市長が不適当と認める施設に宿泊するもの。

●単に公式大会やイベント(100万人のためのマーチング等)に参加することのみを目的とするもの。

●営利を目的とするもの。

●政治的又は宗教的活動を目的とするもの。

●福井市又は福井市関連団体から補助金、助成金等の交付を受けているもの。

●団体の目的と関係ない活動を行う、親睦のみが目的のもの。

補助金の額

補助金は(1)宿泊費+(2)地域交流費の合計額を補助いたします。

(1)宿泊費

宿泊費は対象となる宿泊施設に連続して宿泊する者の延べ人数に、1,250円を乗じた額です。
ただし、1回につき50万円を限度とします。

(2)地域交流費

地域交流費は、合宿期間中に 団体の福井県を知る取組みや地域住民等との交流のために、次の表に掲げる活動を行った場合、地域交流活動に参加した延べ人数に、250円を乗じた額です。
ただし、合宿1回につき10万円を限度とします。また、複数回の地域交流活動への補助を認めますが、地域交流活動回数は宿泊日数を、延交流人数は延宿泊者数を上限といたします。
※詳細は下記の添付ファイルにてご説明いたしますので、必ずご覧ください。
地域交流活動について(PDF形式:218KB)

(地域交流活動) 

1観光施設の見学

自然、歴史・文化、食等に関する有料施設とし、カラオケ、ゲームセンター、ボーリングなどのアミューズメント施設、公園、飲食店、土産店は対象としない。ただし、無料施設であっても、 Facebookで活動内容を市町に報告する場合、施設関係者や観光ガイド、地元住民の案内をつける場合は対象とする。

2農林漁業体験

定置網、稲刈り、トマト収穫、サトイモ収穫体験等

3ものづくり体験

そば打ち、かまぼこづくり、吹きガラス制作づくり体験等

4スポーツ、文化団体との交流、指導

強化試合・交流試合(合同演奏会)の実施、地域住民等を対象としたスポーツ(文化)教室・講習会の開催等を対象とする。

5地域住民との交流

伝統的なまつりや、食や産業等のイベント、公衆入浴(宿泊とは別途費用のかかる入浴施設利用)等、地域住民と学生団体が交流するものを対象とする。

6その他

上記以外の交流活動については、協議により決定する。

 補助対象となる観光施設見学(1)や体験活動内容(2・3)については、補助対象活動リストをご覧ください。リストに記載のない施設や活動ない施設見学や体験活動について補助申請をする場合は、おもてなし観光推進室にご相談ください。
補助対象活動リスト(エクセル形式 xls:94KB)

(3)計算例

15人で7泊し、7回の地域交流活動を行った場合。
※この場合、地域交流活動回数は宿泊数(7泊)を上限とするので7回までとなります。

計算例
内訳
宿泊費

 157,500円

延宿泊者数:15人×7泊=105人泊

補助額:105人泊×@1,250円=131,250円
地域交流費
延交流人数:15人×7回=105人

補助額:105人×250円=26,250円

補助金申請の流れ

 補助金申請から交付までの流れは以下のとおりです。

1.補助金の申請(補助金申請の方法参照)
 ※予約の際に、支援制度を利用したい旨を伝え、補助金の「対象となる(旅館業法第2条規定等該当)
  施設であるか」、「実績報告に必要な宿泊証明書を発行できるか」など確認してください。
 ※申請内容に変更が生じた場合は、事業変更中止(廃止)承認申請書 (第4号様式)を事前に提出して
  ください。
 ※ただし、変更事由が申請額の20%未満の変更のみの場合は、変更申請を実績報告と併せて行うことが
  出来ます。(第6-2号様式)

2.合宿の実施

3.実績の報告(実績報告の方法参照) 
 ※合宿実施後、概ね1週間を目安に報告書を提出して下さい。

4.補助金の請求(補助金請求の方法参照)
 ※申請者と別の者の口座を使用する場合、「委任状」が必要となります。

5.補助金の交付(指定の口座への振込み)

補助金申請の方法

合宿の開始日までに次に掲げる書類及び添付資料を提出してください(FAX不可)。

  1. 福井市学生合宿促進補助金交付申請書(第1号様式) ⇒電話番号・メールアドレスの項目は必ずご記入ください
  2. 事業計画書(第2号様式)

※記入内容の誤りには修正液などは使用せず、 取り消し線を引き、署名欄と同じ印を押したうえ、正しい内容を記入してください。

印鑑は全ての書類で同じものを使用してください。なお、シャチハタは不可とします。

申請用紙(様式第1号・第2号)(ワード形式 docx:18KB)
申請用紙(様式第1号・第2号)(PDF形式:172KB)
申請用紙(見本)(PDF形式:258KB)

 事業変更用紙(様式第4号)(ワード形式 docx:41KB)
 

実績報告の方法

合宿終了後、次に掲げる書類を提出してください。

  1. 福井市学生合宿促進補助金実績報告書
     ※申請又は変更申請により決定した申請額等から変更が無い場合は、実績報告書(第6-1号様式)を使用する。
     ※申請により決定した申請額の20%未満の変更(減額の場合のみ)がある場合は、実績報告書(第6-2号様式)を使用する。
  2. 宿泊証明書(第7号様式)
  3. 地域交流活動報告書(第8号様式)・・・地域交流活動1回につき1部提出してください。
    ただし、交流相手及び交流内容が同じ場合は1部にまとめての提出でも結構です。
  4. 合宿実施に関するアンケート

※記入内容の誤りには修正液などは使用せず、 取り消し線を引き、署名欄と同じ印を押したうえ、正しい内容を記入してください。

印鑑は全ての書類で同じものを使用してください。なお、シャチハタは不可とします。
実績報告用紙(様式第6-1号)(ワード形式 doc:37KB)

実績報告用紙見本(様式第6-1号)(PDF形式:149KB)

 実績報告用紙(様式第6-2号)(ワード形式 doc:40KB)
 実績報告用紙見本(様式第6-2号)(PDF形式:152KB)
 宿泊証明書、地域交流活動報告書見本(様式第7号・8号)(ワードF形式:49KB)
宿泊証明書、地域交流活動報告書見本(様式第7号・8号)(PDF形式:309KB)

補助金請求の方法

提出された実績報告の内容を市で確認した後、補助金交付確定通知書を送付します。同通知書受領後、次に掲げる書類を提出してください。

  1. 請求書兼振込依頼書(第10号様式)

※記入内容の誤りには修正液などは使用せず、 取り消し線を引き訂正印を押したうえ、正しい内容を記入してください。

印鑑は全ての書類で同じものを使用してください。なお、シャチハタは不可とします。

請求書兼振込依頼用紙(様式第10号)(ワード形式 docx:20KB)
請求書兼振込依頼用紙(様式第10号)(PDF形式:119KB)
請求書兼振込依頼用紙(見本)(PDF形式:168KB)

 

学生合宿優先体育館「ちもり体育館」について 

  福井市では学生合宿の利用を優先し、6ヶ月前から予約を受け付けることができる体育館をご用意しています。

  詳細はこちら

参考資料

福井市交付要綱(ワード形式 doc:62KB)

関連リンク

申請・問い合わせ先

福井市 商工労働部 おもてなし観光推進室
〒910-8511 福井市大手3丁目10番1号
TEL:0776-20-5346 FAX:0776-20-5323
E-mail:kankou@city.fukui.lg.jp

各種プラグインについて

  • ワードファイルを開くことが出来ない方は、Word Viewer(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

  • エクセルファイルを開くことが出来ない方は、Excel Viewer(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

観光文化局 おもてなし観光推進課

電話番号 0776-20-5346ファクス番号 0776-20-5670メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 第2別館1階
業務時間 平日8:30~17:15