民生委員児童委員

最終更新日 2017年3月14日 印刷

民生委員児童委員について

  • 民生委員児童委員とは

民生委員は、厚生労働大臣から委嘱され、それぞれの地域において、常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な援助を行い、社会福祉の増進に努める方々であり、「児童委員」を兼ねています。
児童委員は、地域の子どもたちが元気に暮らせるように、子どもたちを見守り、子育ての不安や妊娠中の心配ごとなどの相談・支援等を行います。また、一部の児童委員は児童に関することを専門的に担当する「主任児童委員」の指名を受けています。

  • 選任方法

民生委員児童委員は、各地区に設置された民生委員推薦準備会より市に候補者の内申があり、「福井市民生委員推薦会(市議会議員、民生委員児童委員、社会福祉・教育関係者、行政機関職員等により構成)」によりその選考が行なわれ、県知事に推薦します。県知事は、県に設置された地方社会福祉審議会の意見を聴いて厚生労働大臣に推薦し、厚生労働大臣が民生委員児童委員を委嘱します。

  • 定数 ・任期

市の民生委員児童委員の定数は、区域担当民生委員児童委員463名、主任児童委員36名の計499名です。
任期は3年です(任期は、平成28年12月1日から平成31年11月30日まで)。


  • 職務

 民生委員の職務は民生委員法(第14条)で規定されています。

  1. 住民の生活状態を必要に応じ適切に把握しておくこと
  2. 生活に関する相談に応じ、助言その他の援助を行うこと
  3. 福祉サービスを適切に利用するために必要な情報の提供、その他の援助を行うこと
  4. 社会福祉事業者と密接に連携し、その事業又は活動を支援すること
  5. 福祉事務所その他の関係行政機関の業務に協力すること
  6. その他、住民の福祉の増進を図るための活動を行うこと
  • 児童委員、主任児童委員の職務は児童福祉法(第17条)で規定されています。

《児童委員》

  1. 児童及び妊産婦につき、その生活及び取り巻く環境の状況を適切に把握しておくこと。
  2. 児童及び妊産婦につき、その保護、保健その他福祉に関し、サービスを適切に利用するために必要な情報の提供その他の援助及び指導を行うこと
  3. 児童及び妊産婦に係る社会福祉を目的とする事業を経営する者又は児童の健やかな育成に関する活動を行う者と密接に連携し、その事業又は活動を支援すること
  4. 児童福祉司又は福祉事務所の社会福祉主事の行う職務に協力すること
  5. 児童の健やかな育成に関する気運の醸成に努めること
  6. その他、必要に応じて、児童及び妊産婦の福祉の増進を図るための活動を行うこと

《主任児童委員》

  1. 児童の福祉に関する機関と区域を担当する児童委員との連絡調整を行うこと
  2. 区域を担当する児童委員の活動に対する援助及び協力を行うこと

  ※平成28年11月末で、現在の民生委員児童委員の任期(3年間)が終わり、一斉改選が行われます。

  ※お住まいの地域を担当する民生委員児童委員やその役割については、下記へお問合せください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

福祉保健部 地域福祉課

電話番号 0776-20-5786ファクス番号 0776-20-5708メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 別館3階
業務時間 平日8:30~17:15