移動式浄水装置(ろ過膜法)

最終更新日 2016年10月25日 印刷

移動式浄水装置(ろ過膜法)

台風や地震などの非常災害時、避難場所でもっとも必要となるのは「飲料水」です。
移動式浄水装置は、浄水場が冠水したり、給水用の配管が切断されたとき、避難所付近のプールや河川を原水として、安全な飲料水を作る装置です。

 

特徴

  • 河川水やプールの水を原水として、きれいで安全な飲料水を作ることが出来ます。 
  • 運転は、誰にでも簡単にでき、家庭用コンセントまたは発電機にて自動・手動運転が可能です。(AC100ボルト)
  • 運転開始後、約5分以内で給水し、消毒剤以外の薬品は一切不要です。

マクセスセイフティ

主な仕様

移動式浄水装置(ろ過膜法)の主な仕様

項 目

概要

外形寸法

幅1255×奥行き600×高さ1600ミリメートル

材質フレーム

SUS304、内部配管 、耐衝撃性硬質塩化ビニール

標準処理能力

毎時2立方メートル

装置重量

約170キログラム

電源

AC100ボルト、50ヘルツまたは60ヘルツ

消費電力

500ワット

処理方法

限外ろ過膜(UF膜)は、人工透析などに用いられている中空糸膜で、従来の浄水システムである「凝集・沈殿・砂ろ過」に比べはるかに高い精度で、原水中の濁質や細菌類(大腸菌・ブドウ球菌・コレラ菌・チフス菌を始めとする細菌類)を完全に除去します。

限外ろ過膜を通過しただけで安全な飲料水となるわけですが、造水後、長時間にわたって安全性を維持するために、最終段階で消毒剤として次亜塩素酸ナトリウム注入装置(連続式自動運転型)が備わり完璧な飲料水としています。 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

企業局 水道管路課

電話番号 0776-20-5640ファクス番号 0776-20-5629メールフォーム

〒910-8522 福井市大手3丁目13-1(地図) 企業局庁舎2階
業務時間 平日8:30~17:15 (夜間・土日祝日 20-5649)