野生鳥獣の取扱いについての注意事項

最終更新日 2019年9月6日 印刷

野生鳥獣を許可なく捕獲することはできません!

 鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)第8条で野生の鳥獣(鳥獣の卵を含む)を捕獲することは原則禁止されています。

 野生の鳥獣を捕まえることが出来るのは、次の3つの場合です。
 ・特別な許可を得た者が捕獲する場合
 ・狩猟制度に基づき、狩猟鳥獣を捕獲する場合
 ・農業上やむを得ない場合モグラやネズミを捕獲する場合

野生鳥獣を許可なく飼うこともできません!!

 野生鳥獣を飼うことは、特別な許可(飼養許可)を受けた場合を除き、禁止されています。
 たとえ怪我をした野生鳥獣を発見した場合であっても、自分で保護はせず、福井県自然保護センター(0779-67-1655)にお問い合わせください。
 
 なお、他の自治体で野生鳥獣の飼養許可を受け、福井市へ転入する予定がある方は、手続きに関し、あらかじめ当室にお問い合わせください。

鳥獣保護管理法違反に対する罰則について

○許可なく野生鳥獣を捕獲した場合
  →懲役1年以下又は100万円以下の罰金
○違法に捕獲した野生鳥獣を飼育、販売、譲渡し、譲受け又は加工した場合
  →懲役6か月以下又は50万円以下の罰金

 なお、当室で鳥獣保護管理法違反に関する情報を得た場合は、所管する機関に通報するなど、厳正に対処いたします。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

農林水産部 有害鳥獣対策室

電話番号 0776-20-5701ファクス番号 0776-20-5752メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館5階
業務時間 平日8:30~17:15