認定農業者制度について

最終更新日 2020年7月6日 印刷

認定農業者制度について

 認定農業者制度は、意欲ある農業者の自主的な経営改善を支援する制度で、農業者が自らの経営を計画的に改善するために作成した「農業経営改善計画」(5年後の経営目標)を市町村が認定し、その計画達成に向けた取組を関係機関・団体が協力して支援することにより、地域の担い手を育成・確保する仕組みです。
 認定農業者への支援として、スーパーL資金等の低利融資制度、各種補助事業、農業経営基盤強化準備金制度等の税制面での優遇措置があります。

認定の手続き

 認定を希望される方は、次のような内容を記載した「農業経営改善計画書」を作成していただきます。

 1 経営規模の拡大に関する目標(作付面積、飼養頭数、作業受託面積)
 2 生産方式の合理化の目標(機械・施設の導入、圃場連担化、新技術の導入等)
 3 経営管理の合理化の目標(複式軒での記帳等)
 4 農業従事の態様の改善の目標(休日制の導入等)

  この計画が市が基本構想に示す地域における望ましい農業経営の姿に照らして適切であること、農用地の効率的かつ総合的な利用を図るために適切なものであること、計画の達成される見込みが確実であること、などを基準に審査をします。

 認定を希望される方は農政企画課までお問合せください。

関連記事

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

  • エクセルファイルを開くことが出来ない方は、Excel Viewer(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

農林水産部 農政企画課

電話番号 0776-20-5420ファクス番号 0776-20-5740メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館5階
業務時間 平日8:30~17:15