全国瞬時警報システム(J-ALERT)

最終更新日 2015年3月26日 印刷

全国瞬時警報システム(J-ALERT)とは、国(消防庁)が運用している情報伝達システムです。
具体的には、地震の初期微動やミサイル発射情報等をキャッチした際に、人工衛星を用いて、全国各市町村の防災同報無線固定系(同報系)を自動で起動させ、放送を流します。
これによって、素早く住民に防災情報を伝達することができます。 

防災同報無線固定系(同報系) に関しては、こちらを参照してください。

システムの仕組み

J-ALERT

伝達される情報

国民保護に関する情報

地震、津波または土砂災害に関する情報

  • 津波予報(津波注意報、津波警報、大津波警報)(放送音声の試聴
  • 緊急地震速報(推定震度5弱~7のとき)
  • 震度情報(震度4~7のとき)(放送音声の試聴
  • 土砂災害警戒情報

放送が聞こえたときには

  • 国民保護に関する情報のときは、原則的に屋内へ避難してください。
  • 緊急地震速報のときは、火気の始末をし、転倒物・落下物から身を守ってください。
  • 津波予報のときは、高台へ避難するなど安全を確保してください。
  • このシステムにおいて、実際に放送される場合、防災行政無線固定系(同報系)の屋外拡声子局のスピーカーから警告音と音声は流れますが、モーターサイレンによるサイレン音は鳴りません。

各種プラグインについて

  • 音声形式(WAV)を開くことが出来ない方は、Windows Media Player (新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

危機管理局 危機管理室

電話番号 0776-20-5234ファクス番号 0776-20-5235メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館3階
業務時間 平日8:30~17:15