空き家適正管理促進事業について

最終更新日 2022年4月25日 印刷

募集開始(令和4年度)のお知らせ

令和4年4月より福井市空き家適正管理促進事業の募集を開始しました。

概要

市内にある空き家が周囲への悪影響を及ぼすことを防ぎ、空き家の適正管理を図ることを目的に、最長24月空き家を管理する費用の一部を補助します。

補助対象となる空き家

福井市内に存し、居住の用に供していたもので1年以上その使用がなされていないもの

補助対象者

次に掲げる要件をすべて満たす者

  1. 福井市内に存する空き家の所有者等である者 (法人を除く)
  2. 福井県の空き家管理代行サービス事業者として登録された事業者の管理代行サービスを利用する者
  3. 市税を滞納していない者

※上記すべての要件を満たした場合であっても、その空き家が一時的に不在であり、将来的に再利用することが予定されている場合、補助の対象となりません。

(参考)福井県空家管理代行サービス事業者登録制度(事業者登録名簿があります。)(外部サイトへリンク)(新しいウインドウが開きます)

補助対象事業

1 補助の対象となる管理代行サービスは、次のいずれかに該当する事項を2以上実施するもの。(1、7については必ず実施)

  1. 外観調査 (ただし、継続的に実施するものに限る)
  2. 建物内部確認
  3. 内部換気
  4. 通水
  5. 郵便物の確認
  6. 敷地内の草刈り
  7. 空き家所有者等への報告

※上記に掲げる事業であっても、単発的に実施する事業は補助の対象となりません。

2 上記に掲げるものであっても、以下に該当するものは補助対象外となります。

  1. 一時的に不在であり、将来的に再利用することが予定されている空き家に対して実施するもの
  2. すでに中古住宅として売買情報を掲載し、不動産業者等が対価を得て管理を行っている空き家に対して実施するもの
  3. この補助金を利用したことがある者

3 補助対象期間は、管理代行サービスの利用を開始する日が属する月から起算して24月を超えない期間とする。

補助金の額

管理代行サービスの利用に要した経費に3分の1を乗じて得た額(千円未満の端数が生じるときは、これを切捨てるものとする。)とし、36,000円/年を限度とする。ただし、期間が3年度にわたる場合の最終年度の限度額は36,000円から初年度交付済額を差引いた額とする。

補助申請手続きに必要な書類

  1. 管理代行サービス利用の見積書等の写し(実施期間及び実施内容がわかるもの)
  2. 空き家の位置図
  3. 外観写真 
  4. 空き家所有者等であることを確認出来る書類(空き家の登記事項証明書又は固定資産税評価証明書など)
  5. 福井市税に滞納がないことを証明事項とする納税証明書
  6. 誓約書
  7. その他、市長が必要と認めた書類

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

建設部 住宅政策課

電話番号 0776-20-5571メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館4階
業務時間 平日8:30~17:15