がけ地近接等危険住宅移転事業について

最終更新日 2019年4月15日 印刷

がけ地近接等危険住宅移転事業とは

 がけ地近接等危険住宅移転事業は、がけ崩れによる災害の恐れのある危険な場所から安全な場所へ住宅の移転をする方に、移転のための費用を補助する制度です。

 補助申請を検討される方は、移転を行う前年度に建築指導課との事前協議、事業計画書の提出が必要となりますので、ご注意ください。

 詳細は、建築指導課までお問合せください。 

 危険住宅とは

対象となる住宅は、次のいずれかに該当する住宅です。

  • 昭和47年3月31日以前に建築された住宅で、知事が指定した急傾斜地崩壊危険区域内に建つ住宅
     
  • 昭和47年4月1日以降に建築された住宅で、知事が指定した急傾斜地崩壊危険区域内に建つ住宅のうち、建築後の大規模地震、台風等により安全上の支障が生じ、建築基準法に基づく是正勧告等を受けた住宅  
      
  • 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律第9条に基づき、知事が指定した土砂災害特別警戒区域内に建つ住宅
     

 補助金は  

除却等費

危険住宅の撤去等に要する費用

一戸当たり補助限度額95万7000円(※)

建物助成費

危険住宅に代わる住宅の建設(購入及び購入後の改修も含みます)のため、金融機関等から融資を受けた場合、借入れ金の利子相当額(利率は8.5%を限度とします)

一戸当たり補助限度額415万円(※)
(ただし、土地の取得を要しない場合の補助限度額319万円)

 ※事業実施年度により金額が変更になる場合があります。
 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

建設部 建築指導課

電話番号 0776-20-5574ファクス番号 0776-20-5751メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図)
業務時間 平日8:30~17:15 (建築確認関係書類の申請は8:30から15:00までにお願いします)