母子父子寡婦福祉資金の貸付について

最終更新日 2021年5月19日 印刷

目的

 生活の安定と児童の健やかな育成を支援するため、ひとり親家庭および寡婦に対し、各種資金の貸付を行っています。

対象者

 次のいずれかに該当する方
 ・ひとり親家庭の母、父で現に児童を扶養しているもの、またはその扶養されている児童
 ・寡婦またはその扶養されている子
 ・その他
  (40歳以上の配偶者のいない女子・母子父子福祉団体・父母のいない児童)

申請

 申請にあたっては、貸付の要件や金額、必要書類などを、あらかじめ母子・父子自立支援員にご相談ください。
 貸付申請後、審査により貸付の可否を決定します。

注意事項

  1. 申請から貸付までに概ね1ヵ月半程度要します。資金が必要な時期を考えて、お早めにご相談ください。
  2. 申請時点で税や公共料金などに滞納がある場合(住宅ローン、カーローンを除く)、原則として貸付できません。

貸付資金の内容

貸付資金名 貸付対象者 内容
事業開始資金 母、父、寡婦、団体 事業を開始するために必要な資金
事業継続資金 母、父、寡婦、団体 現在営んでいる事業を継続するために必要な資金
修学資金 児童、寡婦が扶養する子 高等学校、大学、高等専門学校又は専修学校に就学させるために必要な資金
修業資金 児童、寡婦が扶養する子 事業を開始し又は就職するために必要な知識技能を修得するための資金
就職支度資金 児童、寡婦が扶養する子 就学、就業するために必要な被服等の購入費
技能習得資金 母、父、寡婦 自ら事業を開始し又は会社等に就職するために必要な知識技能を習得するための資金(ホームヘルパー、パソコン等)
医療介護資金

母、父、寡婦、児童

1年以内の医療又は介護を受けるための資金
生活資金 母、父、寡婦 知識技能を習得している間、医療若しくは介護を受けている間、母子家庭又は父子家庭になって間もない者を安定・継続する間、又は失業中の生活を安定・継続する間の生活補給資金
住宅資金 母、父、寡婦 住宅を建設し、購入し、増築等するために必要な資金
転宅資金 母、父、寡婦 住宅を移転するために必要な資金
就学支度資金 母、父、寡婦、児童 就職するために直接必要な被服、履物等及び通勤用自動車等を購入する資金
結婚資金 母、父、寡婦 母子家庭の母又は父子家庭の父が扶養する児童及び寡婦が扶養する20歳以上の子の婚姻に際する資金
臨時児童扶養等資金 母、父、寡婦、児童 児童扶養手当制度の改正に伴う資金

 詳細は、こちらをご覧ください。

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

福祉保健部 子ども福祉課

電話番号 0776-20-5412ファクス番号 0776-20-5735メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 別館2階
業務時間 平日8:30~17:15