消火器の不適正な訪問販売にご注意!

最終更新日 2014年3月3日 印刷

 一般家庭を狙った消火器の訪問販売が増加しつつあります。一般家庭・事業所を問わず十分にご注意ください。また、工場や店舗などに設置されている消火器の薬剤詰め替えについて、法外な値段を請求する業者が横行しておりますので、併せてご注意ください。

実際にあった事例

【事例1】
 男性が突然消火器の点検に訪れ、玄関先においてあった消火器を確認すると「消火器が古くなっているので取替えなければいけない。」と言われ、男が持参した消火器を古い消火器と取替え、代金17,000円を請求された。代金支払い後男は直ぐに立ち去ったが、領収書や契約書等を残していかなかったため、連絡先がわからず返品等に応じてもらえなかった。

【事例2】
 横浜市内の70歳代の男性の自宅に、防災業者を名乗る者が来訪し、10年間31,290円のリース契約を交わし、消火器を置いていったもの。置かれた消火器は既に型式失効したものであった。

【事例3】 
 被害者宅に、消防関係業者と名乗る男1名が訪問し、消火器を販売しようとしたもの。男は氏名・会社名は名乗らず、消防関係業者であることのみを説明し、「自宅に消火器は置いているか」と聞き、被害者が「ホームセンターで4,000円程度で購入したものがある」と伝えると、男に「それではだめだ。17,000円の消火器と、3万円台の消火器を販売している」と説明したとのこと。
 被害者は家庭の事情を説明し購入できないと断ると、男は帰って行ったとのこと。

被害に遭わないために知っておいて欲しいこと 

1 一般家庭において消火器の設置義務はありません。悪徳販売

2 消防局・消防署では消火器等のあっせんは一切行っておりません。

3 あやしいと感じたらはっきり断りましょう。

4 契約書等の書面に署名、捺印はしない。

5 身分証明書の提示を求めましょう。 

6 購入した場合には契約書・請求書を必ず貰いましょう。

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

消防局 中消防署

電話番号 0776-22-0119ファクス番号 0776-22-0901メールフォーム

〒910-0003 福井市松本4丁目9-36(地図)
業務時間 平日8:30~17:15