雪国の快適生活7カ条

最終更新日 2019年11月5日 印刷

市では、安全で安心な生活環境を守るため除雪車をフルに活動させ、道路の除雪に努めます。除雪は、自分で行う「自助」と地域で助け合う「共助」が基本になります。市民の皆様一人ひとりのご協力をいただけると、大きな除雪効果が得られますので、市民の皆様のご協力をお願いします。

1.絶対に路上駐車はしない

路上駐車は除雪作業を大幅に遅らせます。積雪のない時には自動車が通過できるスペースが十分にあると思っても、除雪作業には大きな支障をきたします。路上駐車は絶対にしないで下さい。
 

2.すすんでとりくもう玄関先や歩道の雪かき

除雪車は、広い地域を短時間で一斉に除雪しているため、除雪車が通った後は、玄関先の道路に雪のかたまりが残ることがあります。
各家や車庫などの前を全て除雪することはできません。玄関先の雪は各家庭で除雪をお願します。そのときは防寒対策や水分補給などに十分気をつけてください。
なお、積雪状況により、市民一斉除雪デーを設定します。地域ぐるみで家の前や小学校等通学路の歩道除雪もお願いします。
 

3.道路・水路に雪を出さないで

屋根の雪など、やむを得ず道路に下ろしたときは、必ず後始末をしましょう。また、大量の雪を水路に捨てると、雪が流れをせきとめ、水があふれることがあります。水路に雪を捨てないようにしましょう。


4.不要不急の外出を控えて

大雪の時は車が立ち往生して渋滞を引き起こします。効率的な除雪作業のためにも、不要不急の外出は控えましょう。
 

5.公共交通機関の利用を

バス路線を優先して除排雪します。降雪日にはマイカーを自粛し、バスや電車などの公共交通機関を利用しましょう。

6.大事なものには赤色の目印を

降雪前に、垣根など雪に埋もれてしまうものは、除雪による破損を防ぐため赤色の目印をしましょう。また、ゴミステーションの入口、消火栓、防火水槽など、大事なものにも赤色の目印をしましょう。

7.ゴミ出しは雪が落ち着くまで

道路の除雪状況によっては、ゴミ収集車が入れない道路もあります。ゴミは雪が落ち着くまで家庭で保管しましょう。
 

一人暮らしの高齢者や体が不自由な人たちに対する除雪支援

ひとり暮らしの高齢者や体の不自由な人たちの除雪に対する不安や負担を解消するための支援として、さまざまな事業を行っています。
詳しくは>>こちら<<から地域包括ケア推進課のページへ

雪国快適生活7カ条のチラシは下記よりダウンロードすることが可能です。
令和元年度 雪国の快適生活7カ条(PDF形式:1,270KB)

福井県雪みち情報

雪の情報を知るには「雪みち情報ネットふくい」(平成30年12月1日 ~ 平成31年3月31日)
道路状況画像、路面温度情報
・パソコン用  http://info.pref.fukui.jp/hozen/yuki
・携帯電話用  http://info.pref.fukui.jp/hozen/yuki/k/

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

建設部 道路課

電話番号 0776-20-5560ファクス番号 0776-20-5563メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館4階
業務時間 平日8:30~17:15