災害時の応急給水について

最終更新日 2020年7月2日 印刷

災害時の応急給水について

地震などの災害発生により断水が生じたとき、福井市では「非常用貯水装置」や「給水タンク車での運搬給水」により市民の皆様に水をお届けします。また、人命に直結する救急病院にも給水します。

市民の皆様に水をお届けする方法

・非常用貯水装置での給水

非常用貯水装置に蓄えられた水を手動ポンプで汲み上げて給水します。

福井市では市内小学校など43箇所に設置されています。

非常用貯水装置の設置箇所一覧表

非常用貯水装置

・給水タンク車での運搬給水

公民館区ごとに設置されている指定避難所(小学校等)に給水タンク車で 水を運搬して給水します。

また、被災状況に応じて順次開設された避難所に対しても給水を行います。

福井市応急給水マップ(画像形式(JPG) 7,254キロバイト)

給水タンク車

ご家庭でも災害時の水の備えを

災害による道路の寸断などにより、応急給水までに時間がかかることも予想されます。そのため、日頃よりご家庭にも水の備蓄をお願いします。災害時の初期段階において、生命を維持するために必要な水は「1人1日3リットル」といわれています。

・災害に備えて身近な給水場所を確認し、日ごろよりご家庭でも水の備蓄を心がけましょう。
・水の備蓄には、清潔なポリタンク等を使用し、冷暗所に保管しましょう。
・水道水の塩素は3日程度持続しますが、古くなった水は掃除や洗濯など飲用水以外の雑用水にお使いください。

aqa

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

企業局 水道管路課

電話番号 0776-20-5640ファクス番号 0776-20-5629メールフォーム

〒910-8522 福井市大手3丁目13-1(地図) 企業局庁舎2階
業務時間 平日8:30~17:15 (夜間・土日祝日 20-5649)