直結加圧形ポンプユニットについて

最終更新日 2020年6月25日 印刷

福井市でも直結加圧形ポンプユニットの設置が可能となりました。
厚生省(現厚生労働省)の「ふれっしゅ水道計画」を受け、本市においても直結増圧式給水装置実施要綱を定めました。 

直結加圧形ポンプユニット

直結加圧形ポンプユニットとは

今までは、3階以上(一部地域では4階以上)の建物では、一般的に受水槽に水道水を貯めて、ポンプにて屋上にある高置水槽に揚水し、そこから給水しておりました。
直結加圧形ポンプユニットは、受水槽・高置水槽を設置せずに直接接続し、直接給水を行うものです。

利点

  1. 受水槽の清掃などのメンテナンスが不要になり、衛生上の問題が解消される。
  2. 受水槽の設置スペースが不要となる。
  3. 必要な動力は水道本管の水圧と給水に必要な水圧との差だけのため省エネルギーである。
  • 福井市では、直結増圧装置は「直結加圧形ポンプユニット」と「減圧式逆流防止器」とで構成し、直結増圧式給水装置は「直結増圧装置」と「配管・その他の給水装置」で構成すると定義しました。

設置するのに必要な条件

安定した給水を確保するために、企業局では直結加圧形ポンプユニットを設置する場合に条件を定めております。
その概要は次のとおりですが、詳しくは直結増圧式給水装置実施要綱(PDF形式:138KB)をお読みください。

適用建物

4階建て以上10階程度の建物で次のような使用形態(住居形態)で設置可能となります。

  1. 一戸建て専用住宅
  2. 一戸建て小規模店舗付き住宅
  3. 集合住宅(集合住宅については、1棟当り40戸程度までとする。)
  4. 店舗ビル、事務所ビル、倉庫など
  5. 3.と 4.の併用ビル
  • ただし、病院、学校、ホテル、飲食店中心の雑居ビル、クリーニング店、写真現像店および印刷店、メッキ工場、石油化学工場、染色工場などには設置出来ません。

適用地域

付近の消火栓にて指定給水装置工事事業者に水圧を測っていただき、その水圧が原則として3日間0.2MPaを下回らなかった地域で設置可能となります。
ただし、引込管を分岐する水道本管の口径が100mm以上であり、水道本管が網の目のように布設されていることが条件です。

その他(誓約事項)

安定した給水を行うために、「直結加圧形ポンプユニットの保守点検や修繕について」、「所有者の責任について」、「使用者又は入居者への周知について」など色々な誓約をしていただきます。

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

  • ワードファイルを開くことが出来ない方は、Word Viewer(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

企業局 上下水道サービス課

電話番号 0776-20-5632ファクス番号 0776-20-5637メールフォーム

〒910-8522(地図) 企業局庁舎2階
業務時間 平日8:30~17:15