大学との協定

最終更新日 2020年6月2日 印刷

大学との協定について

本市では大学と組織的な連携の枠組をつくり、双方の知的資源、人的資源及び物的資源をより一層有効活用し、地域社会の持続的な発展に貢献するため、 協定を締結しています。

これまでの主な連携事業

 協定を締結している4大学と連携し、様々な事業を行っています。

福井市PR動画作成(仁愛女子短期大学)

 令和5年度の北陸新幹線福井開業に向け、福井市と仁愛女子短期大学とが連携し、福井市をPRするCM動画を制作しました。学生自らが動画のコンセプトを考え、学生ならではの視点で福井の魅力を紹介しています。

福井発!ビジネスプランコンテスト(福井工業大学・福井大学)

 福井をはじめとする地域活性化、経済活性化につながる新事業の創出、創業支援及び地方ならではの新たなビジネスの発掘や起業活動の促進を目的とし、大学と連携して新規性・独創性に富んだビジネスプランを幅広く募集し、コンテストを開催しています。

アジアビジネスキャンパス(福井大学)

 地元企業の海外勤務経験者等を講師として招聘し、貿易や海外進出などのビジネス実務を学び、これからのアジアをはじめとしたグローバルビジネスを担う人材を育成するため、福井大学及び日本貿易振興機構(ジェトロ)福井貿易情報センターと協働で開催しています。

地域で取り組む未来人材プロジェクト(福井大学)

 市内小学校において、児童の知恵や工夫、想像力を育て、本市の将来を担う人材を育成することを目的に、児童自身が実際にプログラミングを行ってものや映像などを動かすプログラミング教育に取り組んでいます。学生には教育支援者としてこの活動に参加していただいています。

ベジ・ファースト関連事業(仁愛女子短期大学)

 健康フェア等でのイベントにおいて、学生にべジ・ファーストによる健康づくりの啓発や、野菜レシピの考案等の活動をしていただいています。

おいしいふくい推進事業(共立女子大学・共立女子短期大学)

 「ふくいの恵み」認定商品等、本市の食材を利用した調理実習を授業の一環で実施しています。学生と本市が連携して考案した給食献立(打ち豆を使ったキーマカレー、打ち豆とサーモンの春巻)を市内全小中学校の学校給食で提供しました。
 また、共立女子大学の学生食堂において、地域の食文化及び本市の周知・PRのため、期間限定で福井の味をメニューに加えていただきました。

ライフパートナー派遣事業(福井大学)

  教育相談の授業を受けている学生が、ライフパートナーとして不登校や学校不適応の児童生徒の学校や家庭を訪問し、児童生徒の支援を行っています。

越廼ふるさとテレワーク事業(福井工業大学)

 市有施設を改修し、Wi-Fiによるネットワーク環境やプロジェクター、レーザー複合機などのオフィス機器を備えたテレワーク推進拠点「越廼サテライトオフィス」を開設。福井工業大学等と連携し、「海まで徒歩0分」の立地を活かし、越廼サテライトオフィスにおけるテレワークと地域資源を活かした体験観光を組み合わせたワーケーションの推進を通して、新たな人の流れの創出と地域活性化に取り組んでいます。

ワケルンジャーのイラスト化(仁愛女子短期大学)

 ごみの分別の周知を図るため、『リサイクル戦隊「ワケルンジャー」』を考案し、市職員による講演などを行ってきました。このワケルンジャーを仁愛女子短期大学の学生にイラスト化していただき、広報・啓発などに活用しています。

福井市環境推進会議(福井工業大学、福井大学)

 福井市環境基本計画を推進し、福井市の潤いのある豊かな自然を守り育て、次の世代に引き継ぐとともに、地球規模の環境問題にも対応するなど、これまでの保全にとどまらず、より良い環境の創造に向けた取組を進めるため、大学・事業者等で構成する「福井市環境推進会議」を設置しています 。

大学キャンパス内での期日前投票所設置(福井工業大学・福井大学)

 学生に選挙に対し興味、関心を持ってもらうことで若年層の投票率の向上を目指し、期日前投票所を大学キャンパス内に設置しています。また、投票管理者、立会人を主な投票対象者と同じ学生から選任しています。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

総務部 総合政策課

電話番号 0776-20-5283ファクス番号 0776-20-5768メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館3階
業務時間 平日8:30~17:15