公共下水道事業受益者負担金が宅地以外にかかるのはどうしてですか?

最終更新日 2020年3月31日 印刷

質問

公共下水道事業受益者負担金が宅地以外にかかるのはどうしてですか?

回答

公共下水道が整備された地域は整備されない地域に対して環境が良くなる等、明らかに利便性が向上します。これは、地価の高い市街地でも地価の安い郊外地でもなんら差異がない(現在の土地価格や、利用形態による差異がない)と考えられています。このため、土地地目に関係なく全ての土地を賦課対象としています。ただし、下水道本管工事を施工する時期に水田である土地については、そのままではますを設置することができないため、将来水田でなくなったときに受益者負担金が賦課されます。

関連リンク

なし

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

企業局 上下水道サービス課

電話番号 0776-20-5632ファクス番号 0776-20-5637メールフォーム

〒910-8522(地図) 企業局庁舎2階
業務時間 平日8:30~17:15