ふぐによる食中毒にご注意ください

最終更新日 2020年1月6日 印刷

ふぐによる食中毒にご注意ください

ふぐによる食中毒はふぐの体内に含まれるテトロドトキシンが主な原因であり、日本においては毎年、ふぐによる食中毒が発生し、死亡例も報告されています。

ふぐ毒(テトロドトキシン)による症状について

ふぐ毒による中毒症状は、食後20分から3時間程度で発症し、口唇・舌のしびれ、指先のしびれが起こり歩行がおぼつかなくなる。症状が進行すると、嘔吐後まもなく運動不能になり、呼吸困難から心停止に至るとされています。

釣りをされる皆様へ

自分で釣ったふぐ・譲ったふぐが原因で重症事例や死亡事例が発生しています!!
ふぐを自ら調理することは非常に危険です。素人による調理は絶対にやめましょう!
釣ったふぐの処理は、ふぐを取り扱う資格を持つ専門の方に依頼するか、依頼できない場合は食べないでください。
人にも譲らないでください。

ふぐの処理について

福井県でふぐの処理を行う場合には、福井県ふぐの処理に関する条例に基づき、「ふぐ処理登録者」の資格が必要となります。

ふぐ処理登録者について

ふぐの処理について(福井県医薬食品・衛生課)(新しいウインドウが開きます)

参考リンク

安全なふぐを提供しましょう(厚生労働省)(新しいウインドウが開きます)

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

保健衛生局 福井市保健所 生活衛生室

電話番号 0776-33-5183ファクス番号 0776-33-5473メールフォーム

〒918-8004 福井市西木田2丁目8-8(地図)
業務時間 平日8:30~17:15