保健衛生推進員

最終更新日 2020年5月13日 印刷

保健衛生推進員について

保健衛生推進員とは

保健衛生推進員は、健康について関心を持ち、自分自身や家族、地区住民の健康づくりを推進するために、行政と一緒に健康づくり活動を実践する人のことです。

保健衛生推進員の役割と主な活動

福井市では、市内48地区に地区保健衛生推進員会を設置し、主に次の3つの活動をしています。

  1. 地区の健康リーダー役
  2. 健康管理センターと地区のパイプ役
  3. 健康管理センターが行う保健事業への協力

具体的には、

  1. 母子保健活動
    • 生後4か月頃までの赤ちゃんがいる家庭を訪問する「こんにちは赤ちゃん訪問」(主に第2子以降を中心に訪問)
    • 乳幼児健診の勧め
    • 地区での子育て教室や育児相談会を地区の要望に応じて実施
    • 健康管理センターで開催する育児相談会「にこにこ子育て相談会」のお手伝い 
  2. 成人保健活動
    • がん検診、特定健診の受診勧奨(地区健診のチラシ配布と声かけ)
    • 地区健診当日のお手伝い
    • 大腸がん検査容器の配付
    • 地区健康教室の実施
    • ずっと健康101宣言の普及
  3. 地区独自の自主的な活動

などがあります。

保健衛生推進員会の設置

経緯

  • 平成6年、既存の「母子保健推進員会」を取り込み、「保健衛生推進員会」として市内43地区に設置。
  • 平成18年2月、市町村合併により全49地区となる(公民館区域)。
  • 平成24年4月、安居地区と一光地区を統合し「安居・一光地区保健衛生推進員会」となり、市内48地区となる。

任期

2年(4月1日から3月31日まで)

委嘱

福井市長が委嘱する

組織

福井市保健衛生推進員会は、地区会長会において選出された役員(会長・副会長・会計・庶務・監事)を置き、事務局を健康管理センターに置く 。
公民館区域ごとに地区保健衛生推進員会を設置し、地区会長を1名置く。
 

会の事業

総会:年1回
研修会:年2回程度
地区会長会:年2回程度
役員会:年数回
複十字シール運動
広報誌「すこやか」発行等

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

保健衛生局 健康管理センター

電話番号 0776-28-1256ファクス番号 0776-28-3747メールフォーム

〒910-0853 福井市城東4丁目14-30(地図)
業務時間 平日8:30~17:15