一乗谷朝倉氏遺跡が日本遺産に認定されました。

最終更新日 2020年7月22日 印刷

  令和元年5月20日、日本遺産「400年の歴史の扉を開ける旅~石から読み解く中世・近世のまちづくり 越前・福井~」を構成する文化財として、特別史跡一乗谷朝倉氏遺跡が認定されました。

 
特別名勝庭園や館跡・下城戸など遺跡内の遺構、福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館に展示されている遺物などで、往時の歴史や暮らしを偲ぶことができます。
 皆様のお越しをお待ちしております。
 同ストーリーについては下記のページも、あわせてご覧ください。

福井・勝山日本遺産活用推進協議会のページへ(新しいウインドウが開きます)

福井市文化振興課の日本遺産のページへ

春の南陽寺夏の唐門

秋の諏訪館跡庭園冬の復原町並

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

観光文化局 一乗谷朝倉氏遺跡管理事務所

電話番号 0776-41-2173ファクス番号 0776-41-3924メールフォーム

〒910-2153 福井市城戸ノ内町10-48(地図)
業務時間 平日8:30~17:15