清水地域の本折町の伝承

最終更新日 2017年1月27日 印刷

しみずっペディア 本折町の伝承

※概ね原本「清水町のむかしばなし」のとおりのため、「である」調で記載しています。


清水西地区 本折町(もとおりちょう)


1.本折(本折町)のはじまり
 本折の南はなの所で志津川の支流が北の谷から流れこんでいる。この川を小別川という。
 この小別川の奥の谷は広く長く続いて、奥半分は福井市末町の地籍となっている。この西の台地に和敬学園があるが、この辺に大むかしの焼き物を作った窯跡がいくつも残っている。
 また、小別川の近くには、昔の人が食べた、しじみ貝の捨て場と思われる、しじみ貝のからのかたまりが所々土の中から出てくる。
 この事から考えると、歴史以前のむかしから人が住んで居たと思われる。
 小別川の谷から、今の在所のある所へ移って来たのはいつ頃かわからないが、昔は滝波(滝波町)の出村になっていた。
 本折の名は斉藤実盛(さねもり)、実員(さねかず)が付けたと言われている。これは、石川県の小松市に本折町があることから、ここは斉藤実盛のゆかりの地であるので、弟の実員が戦いに負けて、ここで百姓になって住み付いた時、小松の本折の名をとって、本折とつけたのではないかと思われる。
 小松の本折町に多太八幡神社があるが、斉藤実盛が近くの篠原で戦死した時、木曽義仲が恩人の実盛を弔うため、実盛が身体につけていた鎧、甲(義朝から拝領)錦の直垂(ひたたれ)(平宗盛から拝領)すね当等をこの多太八幡様へ奉納した。今宝物になっている。
 滝波から分れて、村を造ったのは今から四百年ほど前、太閤検地の時からだと思われる。昔も今も分村するには色々むずかしい問題が起きる。検地役人に境をきめてもらえば、楽に分村出来る訳である。
 検地の十五年前、秀吉から賀茂神社に下した禁制札(きんせいさつ)には本折の名は書かれていないが、その七十年前の大谷寺(越前町大谷寺)に残る書付けには本折村の名がのっている。それで本折の名は分村前からあった事は間違いない。
 本折に多い斉藤氏も林氏も同じ、鎮守府将軍藤原利仁(ちんじゅふしょうぐんふじわらとしひと)の流れ、同族なので実員といっしょに本折村に住み付いたものと思われる。


2.臼清水(うすしょうず)と美濃峠(みのとうげ)
 本折(本折町)の南はし、林康明家の高い屋敷の西下の田の江川の処に清水がわき出ている。昔は浅い泉で通る人の水飲み場に使われ、その道わきに石が置いてあって、通る人の休み場であったといわれている。
 この道から大森(大森町)へ行くのには一番はしの斉藤敏胤家の、家の後ろからだらだら坂を左へ登り、谷田を横切って、低い美濃峠を通り、坂道を下って、大森の村ばなへ出る道であった。
 この道を美濃手といい この峠から美濃国の山が見えるのでその名がついたといわれている。明治三十一年から二年にかけて現在の道に造りかえられて旧道は跡だけ残っている。


3.めのう原石掘り跡
 清水(清水地域)では本折(本折町)と山内(山内町)に、時々めのう原石が見付け出される。今から百五十年程前、小浜のめのう細工をする人が本折へ来て、めのう原石を掘り出していたが、しばらくで止めてその跡だけ残っている。


4.見田越(けんだごえ)
 本折(本折町)在所の下から、小別川の西ぞいに東の方へ旧道がついている。その道を少し進んで行くと、道が二つに分れ、北へ行くと小別の谷へ行き、東へ進み小別川の橋を渡って行くと、古い見田越えの道がある。
 この道は上天下(上天下町)へ行く道で、本折の方からはだらだら坂で、峠には石地蔵さんが道のわきに祭ってある。峠をこすと、少し急な坂があり、三十メートルほどで又だらだら坂があり、しばらく行くと上天下と出村(大森町の一部)の間へ出て上天下の青土の崖の所で旧県道につながっている。
 昔はこの道が福井から清水畑(清水畑町)を通って、大味(大味町)の浜へ出る本道であった。峠の所は見晴らしがよく、山つつじが沢山あって春は通る人の目を楽しませ、また秋はもみじやぬるでの木等が赤く色どって、紅葉の名所ともなった。
 文政三年五月、福井の殿様松平治好(はるよし)公が、ここをお通りになり、しばらく床几(しょうぎ)に腰掛けられて、これをながめられ、本折の小林長兵衛家で休まれて、浜の方へ行かれたといわれている。
 安政年間には、本折斉藤家の本家三郎右ェ門が私財を出してこの道を拡げ、峠の上の広場で上天下の次太夫さんと、本折の惣八さんが、寄附金集めの角力大会をしたといわれている。
 峠には石地蔵さんが道のわきに祭ってある。


5.周辺

  • 大森町、滝波町、清水畑町、平尾町、上天下町、末町
  • 城山 

6.参考文献など

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

未来づくり推進局 清水総合支所

電話番号 0776-98-2001ファクス番号 0776-98-8820メールフォーム

〒910-3692 福井市小羽町27-1(地図) 清水総合支所1階
業務時間 平日8:30~17:15