清水地域の小羽町の伝承

最終更新日 2017年1月27日 印刷

しみずっペディア 小羽町の伝承

※概ね原本「清水町のむかしばなし」のとおりのため、「である」調で記載しています。


清水東地区 小羽町(おばちょう)


1.大昔の小羽
 清水町役場前(清水総合支所)から、弥生時代の土器が出土している点、また通称「後山(うしろやま)」(お城山)に前方後円墳が造られていることなど、これらのことを合わせ考えると、かなり権威をもった首長一族が住んでいたと考えられ、小羽(小羽町)には早くから人が住みついていた事がわかる。


2.今井神社
 明治三十九年、八幡神社と今井神社とを合併して建立されたものである。
 このうち八幡神社ご祭神は、木曽義仲の守り本尊の八幡大菩薩を今井兼平がまつったもので、御神体の裏側に「朝日将軍守神 兼平配暢(はいちょう) 元暦元年」とある。
 今井神社のご祭神は、衣冠束帯(いかんそくたい)の平安時代の貴族の正装をしているお姿で彩色されている。兼平の死後四百五十年余りたってから、小羽村(小羽町)の人が神社を建てて、「今井神社」と名付けてまつったものと思われる。


3.茶臼山権現(ちゃうすやまごんげん)
 小羽(小羽町)のがらがら山の山頂にある円墳上に、薬師如来(やくしにょらい)がまつられてある。この山頂は、茶をひいて抹茶をつくる石臼の形をしているので「茶臼山」と名付けられた。
 約一メートルに一・五メートルぐらいのお堂である。仏像は高き四十五センチメートルほどの坐像で八重の錬弁台座(れんべんだいざ)(はすの花びらの台に座っておられる)の上に安置されている。


4.福昌院
 小羽(小羽町)の村ばなに、明治時代まで福昌院という修験道山伏の家が建っていた。江戸時代は医療機関が発達していなかったので、加持祈祷(かじきとう)、まじないが行なわれていた。
 また「祭り」は庶民の唯一の娯楽であり、そして家内安全、五穀豊じょうの祈願が行われたため、山伏が祈祷師として重宝がられ、近在のお祭りに招かれた。


5.えんしよう谷
 小羽(小羽町)の南山裾の谷を「えんしよう谷」と呼び、そこに住んでいた荻原謙家を「えんしよう」と呼んでいる。明治初年の村地図には煙硝(えんしょう)を「園荘」とあて字が書いてあるが、江戸時代に鯖江藩の火薬工場があった所である。


6.後山(うしろやま)前方後円墳
 後山の山頂に、全長四十四メートル、後円部の径二十五メートル、高さ二・五メートルの大きな古墳があり、紀元四〇〇年ころの首長の墓である。
 この付近に権力を持っていた豪族がいて、自分の権力の偉大さを誇示するためにつくったらしい。


7.小羽古墳群
 清水町役場(清水総合支所)の後の山一帯に二十数基の古墳群があることが考古学全集に記されている。
 後山の前方後円墳のほかにも、えんしよう山尾根に円墳二十基がある。


8.坪の内
 今井神社付近に「坪の内」という地名がある。奈良東大寺の荘園「椿原庄(つばきはらのしょう)」の条里制の遺跡の名残であるといわれている。


9.石塔
 後山切り通しの墓地入口に、文化八年(約百七十年前)親鸞聖人五百五十回忌記念報恩の笠塔が建っている。


10.黒坊主
 小羽(小羽町)から風巻(風巻町)に通ずる山裾には、黒坊主が出ると、こわがられた。現在地蔵が建てられている。


11.笠ぬい座づけ
 冬の農閑期の副業として男にかわって、村中の女性が笠を縫った。一時でも笠を縫う時間を与えるため、男が食事の準備、後片付け、洗濯、育児までした。秋のとり入れがすむと笠縫場に笠仲間が集って、宿の者を招待して、ごちそうを作り仕事をはじめる。これを座づけと言っていた。笠縫場は垣内(かいち)で特定の家がきめられ、競争で作業をした。


12.荻原 満(みつる)
 明治十七年に生まれた。幼少の頃から学才にすぐれ、学問に精進した。
 上京して医学を志ざし、済生学舎に学び、十五歳で医師の検定試験に合格したが、未青年のため開業できなかった。
 後に開業したが、患者には献身的に努力したので信頼があつかった。とくに、「ルイレキ」(頸線結核)には手術をせずに治す独特の治療をしたので、北海道や九州方面から多数の患者が来た。
 また、天津小学校(清水南小学校)の校医として、児童のトラホーム患者の治療、予防手当には、最善の努力をしたので、県下でも類のない成果を修めた。


13.周辺

  • 上天下町、下天下町、三留町、風巻町
  • 清水総合支所
  • 県指定文化財(史跡) お城山古墳 
  • 市指定文化財(史跡) 小羽山30号墓  

14.参考文献など

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

未来づくり推進局 清水総合支所

電話番号 0776-98-2001ファクス番号 0776-98-8820メールフォーム

〒910-3692 福井市小羽町27-1(地図) 清水総合支所1階
業務時間 平日8:30~17:15