清水地域の文化財 木造聖観世音菩薩立像

最終更新日 2017年1月27日 印刷

しみずっペディア 木造聖観世音菩薩立像

 木造聖観世音菩薩立像 は、清水地域内にある数少ない聖観音立像で、室町初期の中央仏師の作といわれています。


1.概要
 この観世音菩薩立像は、坪谷白山神社本殿に安置されており、町内にある数少ない聖観音立像で、室町初期の中央仏師の作といわれています。
 尊顔は、端麗(たんれい)。後背(こうはい)も珍しい八葉(はちよう)の連花文(れんげもん)になっており、像高は百二・五センチあります。
 木像一本彫成で、漆地(うるじ)に金箔が押してあります。
 この観音像は、元、下の堂様に安置されていましたが、明治三十九年の神社廃合令により白山神社に合祀(ごうし)されました。
 横には、立派な地蔵菩薩、四天王像が安置されています。
 仏像が御神体として、今日まで続いてきたことをみなさんどう思いますか。
 信仰は尊く、長い歴史が続いています。その中で、みんなで話し合い研究することは大事なことではないでしょうか。


2.交通アクセス
 本立像が安置されている坪谷町白山神社へは、京福バス清水山線「坪谷」停留所を下車徒歩約10分。


3.周辺

  • ふくい健康の森(真栗町)
  • マイドーム清水(真栗町)
  • 清水南小学校(真栗町) 

木造聖観世音菩薩立像(pdf)


4.参考文献など

各種プラグインについて

  • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

未来づくり推進局 清水総合支所

電話番号 0776-98-2001ファクス番号 0776-98-8820メールフォーム

〒910-3692 福井市小羽町27-1(地図) 清水総合支所1階
業務時間 平日8:30~17:15