スプレー缶・カートリッジボンベ、ライターの出し方

最終更新日 2019年3月29日 印刷

スプレー缶やカートリッジボンベは、中身を使い切り、穴をあけ、燃やせないごみと別の袋に入れて出してください。

中身が残ったスプレー缶やカートリッジボンベが燃やせないごみの中に混じっていると、

ごみ収集車や処理施設で爆発し、重大事故の原因となります。

福井市内においてもスプレー缶やカートリッジボンベ、使い捨てライターが原因と思われるごみ収集車の火災が発生しています。

カセットコンロ用ガスボンベやライターが原因と思われるごみ収集車の火災がありました

Ppakkasya Psupure-

スプレー缶・カートリッジボンベの正しい出し方

作業は風通しがよい、火気のない場所で行ってください。

中身を使い切る

P
  • 噴射口からシューという音がしなくなるまで出し切ってください。

穴を空ける

P2 P3
  • 穴あけ器はホームセンター等で販売されています。

指定袋、または透明・半透明の袋に入れる

越廼・清水区域の方は専用コンテナに出す

P4
  • 福井・美山区域の方は、燃やせないごみの日に別の袋に入れて、ごみステーションに出してください。
  • 燃やせないごみのごみ袋の中には絶対に入れないでください。
  • 缶の収集には出さないでください。

 

使い捨てライターの捨て方

· 中身を完全に使い切ってから、他の燃やせないごみとは別の袋に入れて捨ててください。

· 屋外など、風通しがよく、火気のない場所で、輪ゴムや粘着力の強いテープでレバーを固定するなどして、ガスを抜いてください。

·火の気が無く、安全な場所で行ってください。

ライター1  ライター2

 

花火やタバコの吸殻にもご注意!!

ごみの中に火気が残っていると、ごみステーションや収集車の火災に繋がります。

安全のために、一人ひとりの心がけをお願いいたします。

【ごみ出しの際のお願い】

●たばこの吸殻・花火・マッチ(未使用のものを含む)を捨てるときは、水でしっかり濡らして完全に火を消してください。

 (特にたばこは、消えたと思っても内部に火が残っており、再び燃え出す場合があります。)

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

市民生活部 収集資源センター

電話番号 0776-35-0052ファクス番号 0776-35-0813メールフォーム

〒918-8032 福井市南江守町2-1(地図)
業務時間 平日持込受付 8:30~17:00      平日電話受付 8:30~17:15