コンビニでの証明書交付サービス

最終更新日 2020年3月23日 印刷

 福井市のマイナンバーカード(個人番号カード) 、住民基本台帳カード(住基カード)を利用して、住民票の写しなどの証明書を全国の対象コンビニエンスストアで取得できます。夜間や休日でも取得できるので、たいへん便利です。申請から交付までの手続きは、すべてマルチコピー機にて簡単な操作で行うことができます。また、専用ネットワークと高度なセキュリティで個人情報を保護しています。

★マイナンバーカード(個人番号カード) を利用した証明書交付サービスにつきましては、平成28年2月10日から開始しました。

★一部の住民基本台帳カード(住基カード)では証明書を取得できないことがあります。

 福井市のコンビ二交付サービスが利用できない住基カードの具体例

  ●平成28年1月1日以降に福井市に転入した場合

  ●平成28年1月1日以降にコンビニ交付用暗証番号を誤入力したことによりロックされている場合

  ●転居や戸籍届出により券面記載事項が変更されている場合

 ※住民基本台帳カード(住基カード)で証明書を取得できるかどうかは、以下の利用方法をご覧いただきお試しください。

  取得できない場合は、申し訳ありませんがマイナンバーカード(個人番号カード)の取得をご検討

  ください。

 ※現在、住民基本台帳カード(住基カード)にコンビニ交付サービスを設定することはできません。

取得できる証明書

  • 所得課税証明書(本人) ※2 300円

注意事項

※1:世帯が複数人員で構成される住民票の写しを取得する場合には、1人につき1枚ずつ印刷されます。証明書には固有番号やページ番号が印字され、ホッチキス留めはされません。証明書が複数枚にわたる場合は、一部での使用は無効になりますのでご注意ください。なお、コンビニでのマイナンバー(個人番号)を記載した住民票の交付も可能です。

※2:現年度分のみ発行できます。申告書など課税のもととなる資料が提出されていない方、該当年度の1月1日に住所が福井市にない方、その他特別な事由がある方は発行できません。

※3、※4:住民基本台帳カード(住基カード)では取得できません。証明書が複数枚にわたる場合、ホッチキス留めはされず、固有番号でつながりを確認しますので、一部での使用は無効になります。

※5:証明書コンビニ交付サービスでは、福井市手数料徴収条例第3条(手数料の免除)に該当する方でも手数料が必要となり、支払い完了後に手数料の返金はできませんのでご注意ください。


対象コンビニ(全国のマルチコピー機設置店のみ)

  • セブン‐イレブン・ジャパン
  • ローソン
  • ファミリーマート

 

利用できる時間

  • 6時30分~23時(年末年始及びメンテナンス時を除く)

利用方法

コンビニ店舗に設置してあるマルチコピー機にマイナンバーカード(個人番号カード) または住民基本台帳カード(住基カード)をかざして、暗証番号を入力し、手数料を投入することで証明書を取得できます。

コンビニで証明書交付サービスを受けるには?

マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方は、コンビニ証明書交付サービスを受けることができます。
(ただし、マイナンバーカード(個人番号カード)を交付する際に、コンビニ証明書交付サービスを利用しない旨を申し出た場合を除きます。

上記申し出をした方がコンビニで証明書交付サービスを受けるには、別途市民課での手続きが必要です

マイナンバーカード(個人番号カード)交付の際に設定した住民基本台帳用暗証番号4桁がわかる状態で、マイナンバーカード(個人番号カード)をご持参いただき、必ず本人様がお越しください。証明書を発行する際の暗証番号を数字4桁で設定していただきます

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

市民生活部 市民課(住民係)

電話番号 0776-20-5287メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館1階
業務時間 平日8:30~17:15