風しん(三日はしか)にご注意ください

最終更新日 2019年8月8日 印刷

風しんとは

 風しんウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症です。発熱・発疹・リンパ節の腫れを特徴とする病気です。

感染経路

 空気感染、飛沫感染、接触者感染です。風しんの免疫がない集団において、1人の風しん患者から5~7人にうつす強い感染力があります。

症状

 感染すると約2~3週間後に発熱や発疹、リンパ節の腫れ等の初期症状が現れます。特に耳の後ろや後頭部が腫れることが特徴的です。
 初期症状が現れてから3~7日が経過すると発疹が見られ、顔から全身へと広がります。
 発疹は数日ほどでおさまり、跡を残すこともほとんどないと言われています。

風しん抗体検査事業について

  妊婦(特に妊娠初期)が風しんにかかると、胎児が風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、精神や身体の発達の遅れ等の障がいを持った赤ちゃんが生まれる可能性があります。
 妊娠・出産を考えている女性や同居家族の方は、特に注意が必要です。
 福井市では、妊娠を希望する女性やその同居家族の方を対象とした風しんの無料抗体検査を実施しております。

  風しん抗体検査事業についてはこちら

定期予防接種対象者の方へ

 風しんは感染力が強い病気です。定期予防接種の対象者の方でまだ接種を済まされていない方は、早めに受けましょう。

  麻しん風しん定期予防接種についてはこちら

関連リンク

 福井県保健予防課 麻しん(はしか)、風しん(三日はしか)にご注意ください

 厚生労働省 風しんについて

 

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

保健衛生局 福井市保健所 保健予防室

電話番号 0776-33-5184ファクス番号 0776-33-5473メールフォーム

〒918-8004 福井市西木田2丁目8-8(地図)
業務時間 平日8:30~17:15