ホーム 健康・福祉・保険健康・予防・医療感染症予防新型コロナウイルス感染症(5類移行後)

最終更新日:2023年5月3日

新型コロナウイルス感染症(5類移行後)


新型コロナウイルス感染症について 

新型コロナの感染症法上の位置付けが令和5年5月8日から5類に移行しました。
感染対策のポイントです。
1
厚生労働省ホームページ「感染対策のポイント」はこちら(新しいウインドウが開きます)

変更したこと(主な3点)

  1. 外出等の制限がなくなりました。

    ただし、他の感染症(インフルエンザ等)と同様、一定期間の療養が推奨されています。発症日の翌日から5日間経過、かつ、症状軽快後24時間経過するまでを療養期間の目安としてください。

  2. 陽性者登録、健康観察等がなくなりました。
  3. 治療費に自己負担が生じます。

これに伴い変更される福井市の対応をご紹介します。

主な変更点(目次)

患者支援等(自宅療養・相談窓口・療養証明)

令和5年5月7日で終了したこと
  • 陽性者登録(発生届の提出)
  • 新規患者の健康観察
  • 新規患者への療養証明書の発行
  • 宿泊療養施設 ホテルでの療養
  • 食料品の支援
  • パルスオキシメーターの貸与
 
当面の間継続すること
  • 総合的な相談窓口として、新型コロナ総合相談センター(電話相談窓口)(新しいウインドウが開きます)を継続します。
    受診の要否や受診先に迷う場合や、発熱時の不安や疑問、療養中の体調について相談したい場合にお問い合わせください。
 

医療費

保険診療(自己負担)となりました。
ただし、入院医療費の自己負担分を減額する公費支援が行われます。
新型コロナの治療薬の薬剤費については、9月まで全額公費負担でしたが、10月以降、自己負担が生じます。
 
10月以降の見直しについてはこちら(新しいウインドウが開きます)
 

医療提供体制

  • 新型コロナに関する、体調不良者や陽性者については、幅広い医療機関で受診が可能になりました。
    福井県内の外来対応医療機関はこちら(新しいウインドウが開きます)
  • 受診については、まずかかりつけ医などにお電話でご相談ください。
  • 受診先に迷う場合は、新型コロナ総合相談センター(電話相談窓口)(新しいウインドウが開きます)にお問い合わせください。

積極的疫学調査(聞き取り)

  • 陽性者への聞き取り調査はありません。
 

新型コロナ罹患後症状(いわゆる後遺症)について

  • 罹患後症状(いわゆる後遺症) への治療は、対症療法が中心となります。罹患後症状と思われる症状が続く場合は、まずは、かかりつけ医やお近くの医療機関を受診してください。かかりつけ医がいない場合、または、かかりつけ医が対応していないなどの場合は、コロナ罹患後症状対応医療機関一覧(新しいウインドウが開きます)を活用し、医療機関にお問い合わせください。
 

高齢者施設等の対応

  • 医療機関で実施した検査の公費支援は終了しました。
  • 感染対策指導・行政検査は、保健所において必要に応じて実施します。
  • 施設内における感染対策は、こちら(新しいウインドウが開きます)をご活用ください。
 

ワクチン接種について

ワクチン接種についてはワクチン接種推進室のホームページ(新しいウインドウが開きます)をご覧ください。

関連記事

お問い合わせ先

保健衛生部 福井市保健所 地域保健課
電話番号 0776-33-5184ファクス番号 0776-33-5473
〒918-8004 福井市西木田2丁目8-8 【GoogleMap】
業務時間 平日8:30~17:15

メールでのお問い合わせはこちら

ページ番号:025803