入湯税

最終更新日 2021年3月24日 印刷

入湯税は、環境衛生施設、鉱泉源の保護管理施設および消防施設その他消防活動に必要な設備の整備並びに観光の振興(観光施設の設備を含む。)に要する費用にあてるための目的税です。

入湯税を納める人

鉱泉浴場(温泉等)を利用する入湯客です。

税率(税額)

入湯客1人1日につき、150円です。(令和3年4月1日(木)から)
ただし、満12歳未満の者、共同浴場又は一般公衆浴場の入湯客は、課税が免除されます。

税率(税額)の改定について

令和2年10月1日から改正予定(入湯客1人1日について100円→150円)でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して6か月延長しました。

皆様のご理解をお願いします。

申告と納税

鉱泉浴場(温泉等)の経営者が入湯客から税金を受け取って、1ヶ月分をまとめて翌月15日までに申告し、納めることになっています。

市税のあらましトップページ
その他の諸税のページ

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

財政部 市民税課

電話番号 0776-20-5306ファクス番号 0776-20-5748メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館2階
業務時間 平日8:30~17:15