市民生活部 消費者センター

印刷

住所
〒910-0018 福井市田原1丁目13-6
電話番号
0776-20-5070
ファクス番号
0776-20-5081
メール
お問い合わせフォーム
業務時間
平日8:30~17:15

Google Maps サイトに移動して表示する
(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)

仕事の内容

・消費生活に必要な知識を広め、消費者の意識を高めます。
・消費生活に関する相談を受け付けます。
・消費生活に関する情報を集め、消費者に提供します。
・安全な消費生活用製品を提供するように指導します。
・物価の動きをつかみ、重大な問題が生じた場合対策を講じます。
・適正な計量の確保のため、はかりの定期検査や普及・啓発事業などを行います。
・消費者団体の活動を支援します。
・その他消費者行政を運営します。

新着情報等

注目情報

消費者トラブルに関する情報

消費者庁からのお知らせ

消費者庁のホームページでは、消費者の方向けに、安全・安心のために注意していただきたいこと の項目で、 悪質な勧誘・契約トラブル、インターネット消費者トラブルなどの情報が掲載されています。
消費者庁のホームページ をご覧下さい(新しいウインドウが開きます)
 

独立行政法人 国民生活センターからのお知らせ

消費者庁の所管する独立行政法人 国民生活センターのホームページ では、注目情報として センターや各中央省庁が発表した 情報の掲載や、消費生活・消費者問題に関する事例、対処方法などが紹介されています。
国民生活センターのホームページ をご覧下さい(新しいウインドウが開きます)
 

 食品や製品の安全に関する情報 

消費者庁からのお知らせ

消費者庁のホームページでは、消費者の方向けに、安全・安心のために注意していただきたいこと の項目で、生命・身体にかかわる危険などの情報が掲載されています。
消費者庁のホームページ をご覧下さい(新しいウインドウが開きます) 
 

独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)からのお知らせ

独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)で受け付けた製品の安全や事故の情報 などが掲載されています。
製品評価技術基盤機構(NITE)の ホームページ をご覧下さい(新しいウインドウが開きます)


独立行政法人 国民生活センターからのお知らせ

消費者庁の所管する独立行政法人 国民生活センターのホームページ では、メーカーや販売業者が、食品、家電製品等の商品について回収、もしくは修理、交換する目的で自主的に新聞に掲載した情報等を掲載しています。また、消費者庁と独立行政法人 国民生活センターが連携して実施している 事故情報データバンク も紹介されています。
国民生活センターのホームページ をご覧下さい (新しいウインドウが開きます)

 

 製品安全・事故情報 

高齢者・障碍者・子どものトラブル、事故防止

くらしに関する情報

消費生活モニター通信(29年3月)を掲載しました  (2017/3/14)

36年間続いてきた福井市消費生活モニター制度による価格調査は、平成29年3月分までで幕が引かれることになりました。そのため、上記2件にかかる追加掲載は今後行われませんので、長く続いた消費生活モニター制度において、これまでモニターを務めていただいたり、掲載情報を活用されていた多くの皆様方に、ご報告とお礼を申し上げます。これまでのご愛顧、本当にありがとうございました。

相談や講座に関する情報

消費生活相談

消費者トラブルQ&A 〔市政広報ふくい 連載記事〕

 消費者トラブルの未然防止や製品事故に関する注意喚起のため、「市政広報ふくい」に「消費者トラブルQ&A」コーナーとして、実際に寄せられた相談事案とその解決策を連載していた内容をまとめています。

平成27年度 連載記事

<第39回 消費者センターだと思ったら行政書士?><第38回 電子レンジでの食品の加熱しすぎは危険!!>
<第37回 見本工事で安くなる!?><第36回 無料の不用品・廃品回収業者に注意!>
<第35回 ほおっておくと裁判になる?架空請求メールがきた!><第34回 高い!水回りの修理トラブル>

平成26年度 連載記事

<第33回 契約前に知って安心!新生活>
<第32回 投資用マンションの強引な勧誘に注意!><第31回 本当に必要?光電話>
<第30回 暖房器具による事故を防ごう!><第29回 えっ!?クーリング・オフできないの?>
<第28回 個人情報削除詐欺に気をつけて><第27回 「幸運」を手に入れるつもりが・・・>
<第26回 福井の人しか申し込めない老人ホーム!?><第25回 これって便乗値上げ!?>
<第24回 還付金詐欺にだまされないで!><第23回 うその勧誘をする新聞の訪問販売!>

平成25年度 連載記事

<第22回 幼児がアダルトサイトを利用!?>
<第21回 無料日帰りバスツアーで宝石店!?><第20回 毎日行ってもタダ!電位治療器の体験会>
<第19回 身に覚えのないメールが届いた!><第18回 くじびきで大当たり!「ウォーターサーバー」>
<第17回 オンラインゲームで高額請求!><第16回 古い扇風機にご注意!>
<第15回 気をつけて!ネット販売><第14回 劇場型詐欺(買え買え詐欺)にご用心!> 
<第13回 貴金属の訪問買取もクーリングオフできます><第12回 訪問販売で太陽光発電システムを購入>

平成24年度 連載記事

<第11回 注文もしていないのに健康食品が届いた!><第10回 通っていたエステ店が倒産!>
<第9回 褒められたら要注意!><第8回 ガラスの鍋ぶたの破損にご注意!>
<第7回 インターネット回線の解約料にご注意を!><第6回 劇場型投資詐欺にご用心>
<第5回 押し売りで高いリンゴを買わされた!><第4回 マンション退去時に高額請求>
<第3回 中高年が被害に!悪質な有料メール交換サイト> 
<第2回 長時間の勧誘で高額教材を購入!><第1回 海外宝くじ>   

くらしの情報

消費者教育・啓発 

計量事業

 正しく計量することは、私たちが社会生活や経済活動を営むうえで欠くことのできない重要なことです。
『計量法』は、正しい計量が行なわれるための制度を定めており、本市では『計量法』に基づき様々な事業を行なっています。

はかりの定期検査

商取引や証明行為(取引又は証明)に使用する「はかり」を対象に、2年に1回の定期検査を実施しています。

商品量目制度

市内のスーパーマーケットや製造事業所等を対象に立入検査を実施し、内容量表示のある商品が 正しく計量されているかを確認し ています。

普及・啓発事業

計量の大切さを広めるために、計量に関するイベントや計量に対する知識を深めるための教室を実施しています。

消費者センターの案内

その他