1章 基本計画の背景と位置づけ

最終更新日 2016年2月12日 印刷

旧中心市街地活性化基本計画

      


1章.基本計画の背景と位置づけ
  1.福井市における中心市街地活性化の背景と意義
    (1)中心市街地活性化の背景
    (2)中心市街地活性化の意義
  2.中心市街地活性化基本計画の位置づけ
2章へ.「中心市街地活性化の課題」
3章へ.「中心市街地の区域の設定」
4章へ.「中心市街地活性化の基本方針」
5章へ.「市街地の整備改善と商業等の活性化の一体的推進計画」
6章へ.「その他一体的に推進すべき事項」


 

1.福井市における中心市街地活性化の背景と意義

 (1)中心市街地活性化の背景

福井市の中心市街地は、藩政時代からの歴史を有し、多くのもの情報が行き交う場として、地域独自の生活文化、伝統を育み、圏域全体の発展に大きな役割を果たしてきた。

一方、福井市においてはこれまで都市化の進展に対応して、受け皿となる宅地の整備と道路、公園等の都市基盤の整備を進め、良好な市街地の形成に努めてきた。

その結果、郊外地での大規模小売店舗の進出、さらには公共公益施設の郊外立地が進み、外延的に拡大するかたちで市街地が形成され、中心市街地での居住人口の減少、相対的な中心性の低下が進んできた。

こうした中心市街地の相対的な地盤沈下は、経済活動・社会活動の停滞させ、都市全体への環境負荷の増大、歴史・文化の衰退、地域コミュニティの喪失を招くなど多くの弊害を引き起こし、都市発展上の阻害要因となっている。

福井市は、これまで県都として行政・業務・商業・文化等にわたる高次の都市機能の集積が進み、多様な都市活動が展開されてきたが、来るべき21世紀に向けて日本海国土軸の中心都市としてのさらなる飛躍が期待されている。

こうした意味からも中心市街地の再活性化は、圏域全体の発展を図っていくうえで、欠くことのできない重要な役割を果たすことが期待されている。

そのため、現在進められている福井駅周辺地区における連続立体交差事業や土地区画整理事業等のプロジェクトを契機として、居住人口の回復、商業力の強化等により相対的な地盤沈下を食い止め、諸機能のさらなる集積を図りながら中心市街地の再活性化に結び付けていくことが緊急の課題となっている。
 


ページ上部へ↑

(2)中心市街地活性化の意義

1.中心市街地の本来的役割からの意義

中心市街地は、小売商業や様々な都市機能が集積していることから、住民や事業者にとってまとまったサービスが享受できる場である。特に、都市内の移動手段に制約が加えられる高齢者等にとっては、身近に商業、公共サービスが存在することは、暮らしやすさを高めるうえで大きな要素となる。

また、商業者等と消費者が近接して立地し相互に交流することによって、新たな経済活動や社会活動を創出するなど集積メリットを生み出すこと、及び効率的な経済活動を支える基盤と新規産業の誕生を促す苗床の役割を果たすことが期待される。

さらには、各種の投資を集中できることによって、投資の効率性を確保できるとともに、環境負荷の小さな都市づくりにもつながる。

また、地域の歴史、文化、伝統、風土などが積み重なり形成されてきた中心市街地は、市民の共有財産として福井市のアイデンティティを意識させる場であることからも、市民の郷土愛や連帯感の醸成に大きな役割を担うことが期待される。
 

2.新しい価値観への対応からの意義

都市基盤施設をはじめとする社会資本の量的水準が向上してきた福井市において、今後のまちづくりにおいてはかさを追求する生活意識の高揚、言い換えれば精神性、文化性、情緒性などの非経済的価値を追い求める市民生活感覚への対応が求められている。

多様な都市機能が集積する中心市街地は、このような市場組織にのらない非経済的な側面による都市ストックを次の世代に残していく、言わば「都市社会」から「都市社会」への転換を図る上での中心的な活躍の場となることが期待され、中心市街地の再活性化に向けての取り組みは、まさにその具体的な展開を図る上で大きな意義を有していると言える。

3.商業機能の存在効果からの意義
 

中心市街地における商業機能は、ヒト、モノ、カネ、情報の交流の中核的な担い手となっており、商店街は単なる商業機能の集積のみならず文化、治安、防災、地域社会の形成といった社会基盤としての機能を果たしている。

このような中心市街地における商業機能の空洞化は、まちのにぎわいや地域の社会活動の担い手の喪失をもたらし、地域コミュニティの存続そのものの危機につながるおそれを有しており、中心市街地の活性化はこうした問題を克服する上で大きな意味を持っている。
 


 ページの上部へ↑

 

2.中心市街地活性化基本計画の位置づけ

 

表1
「福井市中心市街地活性化基本計画」は、「第四次福井市総合計画」における都市づくりの考え方や、「福井市都市計画マスタープラン」「福井市商業振興ビジョン」等の既存の都市計画や商業に関する諸計画、さらには地元の民間団体である福井市中心街整備推進協議会による「グランドデザインイメージ」の検討成果等を踏まえ、中心市街地における市街地の整備改善に資する事業及び商業等の活性化に資する事業を体系化し、今後、商業者、市民、行政等が連携して活性化への取り組みを行っていくためのマスタープランとして位置づける。
 
 

目次へ戻る
 


 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

お問い合わせ先

都市戦略部 都市整備課

電話番号 0776-20-5454ファクス番号 0776-20-5764メールフォーム

〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館5階
業務時間 平日8:30~17:15