空き家リフォーム支援事業(令和4年度)

最終更新日 2022年12月5日 印刷

募集終了(令和4年度)のお知らせ

空き家リフォーム支援事業(令和4年度)は令和4年12月5日をもって募集を終了しました。

概要

空き家の循環利活用を促進するため、空き家情報バンクに登録された空き家のリフォームを支援します。

補助対象者

次のいずれかの者

  • 空き家の所有者(賃貸を目的にリフォームする人)
  • 居住者(居住目的で空き家を購入、または、賃貸し24か月以内の人)で、かつ、U・Iターン世帯、または、新婚世帯(入籍後10年未満の夫婦を含む世帯)または、子育て世帯(18歳未満の子を含む世帯)
    ※U・Iターン世帯 …申請時において福井県外に住所を有する方、又は福井県外から転入して2年以内の方を含む世帯(いずれも転入するまでの1年以内に県内に住所を有していた方を除く)

補助の内容

  • 対象工事費の5分の1、上限30万円

対象外の工事

  • 空き家に付属する別棟の車庫や物置等の工事
  • 申請者が直接行う工事
  • エアコン、ガスコンロ、照明などの住宅設備機器類の設置工事
  • 太陽光発電設備の設置工事
  • カーテン、家具、調度品等の購入や設置工事
  • 電話、インターネット、ケーブルテレビ等の配線工事
  • 外構工事
  • 他の補助事業により整備する工事     など

要件(全てに該当すること)

(1)【共通要件】

  • 工事請負契約前の申請であること
  • 対象工事費が20万円以上であること
  • 市内業者の請負工事であること
  • 申請者が契約者となること
  • 交付決定から3か月以内に契約すること
  • 工事完了後、10年以上利活用する見込みであること
  • 申請の年度内に工事を完了する住宅であること
  • 世帯全員の市町村税の滞納がないこと
  • 国または地方公共団体による他の補助を検討していないこと
  • 過去に同じ制度による補助を受けていないこと
(2)【(1)のほか、所有者のみに適用する要件】
  • 福井市空き家情報バンクに登録済み、または、今後登録する住宅であること
  • 1年以上居住者のいない一戸建て住宅であること
  • 所有者又はその3親等以内の親族が過去に居住していた住宅であること

(3)【(1)のほか、購入者・賃借者に適用する要件】

  • 居住目的で購入・賃貸し、24か月以内であること
  • 空き家情報バンクに登録後1か月以上経過した住宅であること

(4)【(1)と(3)のほか、賃借者のみに適用する要件】

  •  賃借者の場合、所有者の了解を得ていること

申請

    交付申請書(様式1号)に必要書類を添付して、住宅政策課の窓口に提出してください。(申請時の必要書類一覧(PDF形式 87キロバイト)

    手続きの流れ

    1.交付申請 ※事業着手の14日前までに提出してください。
    2.交付決定
    3.事業着手(工事請負契約締結)
    4.着手届提出
    5.工事完成
    6.実績報告
    7.額の確定
    8.補助金請求
    9.  補助金交付

    空き家リフォーム事例集

    空き家リフォーム事例集(PDF形式 2,746キロバイト)を作成しました。

    各種プラグインについて

    • PDFファイルを開くことが出来ない方は、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、福井市のサイトを離れます)をご利用ください。

    アンケート

    ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

    より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

    お問い合わせ先

    建設部 住宅政策課

    電話番号 0776-20-5571メールフォーム

    〒910-8511 福井市大手3丁目10-1(地図) 市役所 本館4階
    業務時間 平日8:30~17:15